浄土宗と淨心寺行事・法要淨心寺だより淨心寺の四季住職の寺社めぐり住職日記 Part3そんなこんなで日記
浄土宗の歴史と淨心寺の沿革、境内・庭園の様子ご紹介します。
新着コメント
  • Re: 旧本堂の古い写真
    書類を整理していて、偶然貴重な写真が出てきました。 今後も大事に保管しようと思っております。 ...

  • Re: 旧本堂の古い写真
    昔々祖父の隆澄が住職してた頃に遊びに行った風景の写真 なつかしいです。おじいちゃんの古い写真 ...

  • Re: 旧本堂


  • Re: 旧本堂の古い写真


  • Re: 旧本堂の古い写真
  • お問合せフォームへ
    旧・住職日記
    住職日記 Part3
    << 本尊阿弥陀如来 | Home | >>
    淨心寺のご本尊

    勢至菩薩(左側) 阿弥陀如来(中央) 観世音菩薩(右側)

    • 阿弥陀如来: 総丈 百五十九糎(座像)
    • 観世音菩薩: 総丈 八十二糎(立像)
    • 勢至菩薩: 総丈 八十糎(立像)

    台座の底に下記の銘がある。

       
    • 天正十四戌年(1586) 建立之凡二百年也
    • 泉譽代天明六年(1786) 本尊観世音勢至
    • 地蔵内佛善導圓光今上牌代佛師庭正作 明譽代再興

    明治初年に廃仏毀釈の難に遭い、第廿世上嶋貞厳和尚(当時19歳)は、本尊佛、開山上人像など主な佛像を梓川村下角影の生家へ預けられた。明治18年に当寺が再興されて、佛像を迎える。今回本堂改築の際、京都で破損部分の修復が行われた。

    コメント追加

    タイトル
    名前
    E-mail
    Webサイト
    本文
    情報保存 する  しない
    • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
    • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

    このエントリーのトラックバックURLを表示