浄土宗と淨心寺行事・法要淨心寺だより淨心寺の四季住職の寺社めぐり住職日記 Part3そんなこんなで日記
浄土宗の歴史と淨心寺の沿革、境内・庭園の様子ご紹介します。
新着コメント
  • Re: 旧本堂の古い写真
    書類を整理していて、偶然貴重な写真が出てきました。 今後も大事に保管しようと思っております。 ...

  • Re: 旧本堂の古い写真
    昔々祖父の隆澄が住職してた頃に遊びに行った風景の写真 なつかしいです。おじいちゃんの古い写真 ...

  • Re: 旧本堂


  • Re: 旧本堂の古い写真


  • Re: 旧本堂の古い写真
  • お問合せフォームへ
    旧・住職日記
    住職日記 Part3
    浄土宗についてのお話
     沿 革
    法然上人は、承安5年(1175)3月、中国唐代の善導大師著書『観経疏(かんぎょうしょ)』の一心専念の文により、万人救済の宗教は口称念仏の一行にあるのみ、という確信を得た。この時より以後、法然上人は比叡山を下り、 東山の吉水におもむいた。そこに草庵を築いて往生極楽の法を説き、念仏を人々にすすめられる生活に入られた。法然上人の念仏の教えは、いつどこでも誰にでも行える念仏であったので、法然上人の東山の庵室には老若男女の別なく、多くの人々が集まり次第に集団を形成することとなった。この時をもって浄土開宗としたのである。
     それ以降800年の時を経て浄土宗檀信徒600万人。浄土宗寺院約7600ヶ寺が、日本全国はもちろん海外にも建立されて、全世界に念仏の教えが広まり現在に至っている。


     開 祖
     浄土宗の開祖は、法然上人である。幼名を勢至丸(せいしまる)といい長承2年(1133)4月7日岡山県に生まれる。9歳の時に夜襲によって父を失い、その遺言により仇討ちの繰り返す悲劇をいとい、多くの人々を救済するために出家した。15歳で比叡山に登り、18歳の時に、西塔黒谷の叡空(えいくう)の室に入り、法然房源空(ほうねんぼうげんくう)と号した。承安5年(1175)3月、43歳の時に善導大姉の『観経疏(かんぎょうしょ)』によって、阿弥陀仏の本願の真意を感得し、専修念仏の教えを開いた。比叡山を下山して京都東山吉水の地に庵をかまえ、多くの人々に念仏の教えを説いた。66歳の時に『選択集』を著して浄土宗の教義を確立した。建永2年(1207)弟子の罪を問われて四国に配流された。建暦元年(1211)京都に召還されたが、翌年(1212)1月25日世寿80歳の生涯をとじた。


     教 え
     阿弥陀仏の平等のお慈悲(じひ)である、「必ずすべての衆生を救う」という誓願を信じ、お名号「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」を口で称え、命終わるとき阿弥陀仏が造られた西方極楽浄土に生まれることを願う信仰である。