浄土宗と淨心寺行事・法要淨心寺だより淨心寺の四季住職の寺社めぐり住職日記 Part3そんなこんなで日記
浄土宗の歴史と淨心寺の沿革、境内・庭園の様子ご紹介します。
新着コメント
  • Re: 旧本堂の古い写真
    書類を整理していて、偶然貴重な写真が出てきました。 今後も大事に保管しようと思っております。 ...

  • Re: 旧本堂の古い写真
    昔々祖父の隆澄が住職してた頃に遊びに行った風景の写真 なつかしいです。おじいちゃんの古い写真 ...

  • Re: 旧本堂


  • Re: 旧本堂の古い写真


  • Re: 旧本堂の古い写真
  • お問合せフォームへ
    旧・住職日記
    住職日記 Part3
    淨心寺のご本尊

    勢至菩薩(左側) 阿弥陀如来(中央) 観世音菩薩(右側)

    • 阿弥陀如来: 総丈 百五十九糎(座像)
    • 観世音菩薩: 総丈 八十二糎(立像)
    • 勢至菩薩: 総丈 八十糎(立像)

    台座の底に下記の銘がある。

       
    • 天正十四戌年(1586) 建立之凡二百年也
    • 泉譽代天明六年(1786) 本尊観世音勢至
    • 地蔵内佛善導圓光今上牌代佛師庭正作 明譽代再興

    明治初年に廃仏毀釈の難に遭い、第廿世上嶋貞厳和尚(当時19歳)は、本尊佛、開山上人像など主な佛像を梓川村下角影の生家へ預けられた。明治18年に当寺が再興されて、佛像を迎える。今回本堂改築の際、京都で破損部分の修復が行われた。


    愛染稲荷堂
    淨心寺の稲荷堂を載せました。

    続きを読む...


    観音堂
    淨心寺観音堂の写真を載せました。

    続きを読む...


    淨心寺本堂
    淨心寺本堂の写真を掲載しました。

    続きを読む...


    淨心寺の庭園
    春の芽吹きが美しい、淨心寺の庭園の写真を載せました。

    続きを読む...


    本堂のかたち
    淨心寺の本堂は、妻入りというの建物なので前と後ろの造りを変えることができました。(善光寺本堂のような建物)

    主に、後ろ側の写真を載せました。

    続きを読む...


    夏の庭園
    夏の庭園を撮影しました。
    春の庭園と比べてみて下さい。

    続きを読む...


    淨心寺の聖観音菩薩

    聖観音菩薩

    背面に下記の銘がある。

    永禄六年(1563)癸拾貳月十三日敬白

    本像は、南小倉にあった金峯山 泉光寺(真言宗)の本尊で、同寺廃寺後淨心寺に移された。同寺は、川西三十四番札所の第廿九番札所となっていた。本像は別名で「日見ずの観音様」と呼ばれていた。第廿二世村上隆澄和尚が幼少の頃、村人に担がれて宮殿と本像が当寺に運び込まれた。現在本像は、観音堂に安置され平成18年より毎年7月18日にご開帳される。

    川西三十四番札所第廿九番御詠歌

    小倉山 まひりむかへば ありがたや
         光るいずみの ちかひたのもし