住職の日常の出来事
僧正叙任

僧正叙任

浄土宗より、『僧正叙任』の辞令と辞令専用額が送られてきました。
本当なら、11月9日に知恩院で行われる『辞令式』にて直接手渡しされるのですが、その日は淨心寺の御十夜法要でしたので、出席することが出来ませんでした。
これで晴れて私の僧階は『僧正』となりました。
浄土宗では、僧階という6個の階級があります。
下から『律師』『小僧都』『僧都』『大僧都』『僧正』『正僧正』があり、『僧正』に上がるには『大僧都』になってから12年、52歳、功績点が満たしているかどうか、選考委員会にせ選出されます。
功績点とは、住職は1年に3点貰えます。寄付をすれば5万円で1点、色々は役職だと貰えて、普請しても貰えます。

『僧正』になると紫の衣が着られます。

『僧正』になりました!!

多分、最短でなれました!!
先代よりも。父親よりも上の階級になりました!!
それにしても、立派な額が届いたもんだ・・・