<< 黒澤不動尊奉賛会役員会 | Home | 三郷村北小倉の中学生参拝 >>
千手観音菩薩開眼式


 昨日、観音菩薩の縁日にあたる18日に、淨心寺檀信徒である三郷村明盛の丸山政憲様が自ら刻んだ千手観音菩薩を観音堂に納めました。その後、引き続き開眼供養を行いました。制作に1年7ヶ月かかった力作です。
 本当に有り難いことでございます。日頃、観音堂の扉は閉めていまして直接参拝することは出来ませんが、来年から7月の後半1日だけ、扉を開けて皆様に直に参拝して頂く予定です。


コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示