<< 一面雪化粧 | Home | 車のタイヤ >>
春彼岸最終日

今日で春季彼岸も最終日です。




 暖かい日が続いていましたが、昨日は雪が積もり今日は朝から寒い北風が吹き雪も舞っています。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、いきなり冬に戻った感じがします。こういうときに体調を崩しやすいのですが、私は外出して帰ってくると手を洗い、うがいをすることを忘れずにしています。この冬は、お陰様でカゼをひかずに過ごすことが出来ました。毎日のちょっとしたことが、大切だと実感しております。



 春のお彼岸の時には、本堂の脇陣に『涅槃図(向かって右側)』と『徳住上人の御名号(左側)』の掛け軸を掛けています。大きい掛け軸ですので、どの部屋の床前にも掛けることはできません。年に1回虫干しをかねて、彼岸中の参拝者に焼香お参りをして頂いております。




 檀家さんとの会話の中で、「こういう掛け軸がお寺にあったとは知りませんでした。」と言われたときに、ここ10年の間でお寺にある掛け軸を修理しておりましたが、いずれ檀家さんに「お寺にはこういう掛け軸がある」ということを知って頂くために、披露しようと思っております。
 計画としましては、虫干しをしたいので空気が乾燥しているときに行おうと思っております。7月18日『聖観音菩薩御開帳法要』の時に、10幅程度本堂の脇陣に掛けて、皆さんに披露しお焼香お参りをして頂く予定です。是非お参りに来て下さい。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示