<< 淨心寺境内の花 | Home | 庭木移動 >>
今年の造園再開

今日から造園が再開されました。


 元造園業をされていた檀家さんが、庭木を寄附するとのことで今日から淨心寺の造園が再開されました。庭木は、イトヒバと赤松です。写真は、イトヒバですが写真に写っている人と比較して、たいへん大きな木です。いままで私が見てきましたイトヒバの中で、一番大きい木です。大凡ですが、根本の直径が80センチメートル、高さが10メートルの木です。
 もう1本の赤松も大きな木です。大凡根本の直径が60センチメートル、高さが10メートルの木です。15、16日に淨心寺へ移動予定ですが、あいにく私は浄青の関係で京都に行っています。25トンのクレーンでつり上げるそうです。見たかったのですが、残念です。
 5年後に迫った法然上人の800年御忌に、淨心寺の裏庭を広げる予定でが、今回の2本の庭木はその時まで仮植しておきます。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示