<< 住職代理日記(10) ~総代会・父荒木義典一周忌法要~ | Home | 住職代理日記(12) >>
住職代理日記(11)

入院して1ヶ月が経ちました。
最近の住職の様子をお伝えします。

 はやいもので、気が付いたら住職が入院して1ヶ月が経ちました。当初の病状から比べると、随分楽になったようですが、まだ時々微熱が出ることがあります。1週間程前は、38度台の熱が出て炎症反応も再び高くなりました。さらにペニシリンの量を増やしたのですが、どうも菌と戦っている熱ではなく、薬害の熱ではないか?との疑いが出て、ペニシリンに代わる抗生剤を投与したところ、熱は瞬く間に下がりほっとした一幕もありました。
 そんな中で、現在は“点滴タイム”以外は小説を読んだり、コミック本を読んだり、時には塔婆を書いたりなどして一日を過ごしております。
 なかなか一筋縄にはやっつけられない菌ですが、気長に治療していってもらいたいです。
 
  

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示