<< 住職代理日記(14)~庭木の手入れ~ | Home | 住職代理日記(16) >>
住職代理日記(15)

住職手術決定!いよいよ明日(30日)に迫りました。

 心臓弁膜症の手術がいよいよ明日(30日)に迫りました。内視エコーの結果、弁膜の損傷は確実で、その為かなりの量の血液が押し戻されて逆流していることが判りました。住職の心臓自体は元気なのですが、このまま退院して日常生活を送ると、緊張やストレスなどで心臓への負担がさらに大きくなり、心不全や心筋梗塞を引き起こすらしいのです。心臓自体が元気な内に手術した方がリスクも低いし、また元気な心臓に戻れるということで、明日の手術に至ったわけです。
 
 手術は2段階で行われるそうです。
はじめは、自己の弁膜を縫い合わせ形成する手術です。その後それで上手く機能することが可能であれば良し。不可能と判った場合は、2つめの手段として、人工弁を入れる手術に切り替わります。人工弁には2種類あり、一つは『生体弁(牛や豚の弁膜)』、もう一つは『機械弁』です。それぞれ長所・短所があり、主治医の先生方と相談してほぼ一生使える『機械弁』を希望しました。

 さあ、いよいよ明日です。住職も相当な覚悟をし、手術をして一日も早く良くなり、元の生活に戻れるよう頑張る気持ちでおります。不安もあるでしょうが、とにかく私達家族も一丸となって応援し、見守っていきたいと思います。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示