<< 住職代理日記(18)~今年の紅葉~ | Home | 住職代理日記(20) >>
住職代理日記(19)~術後の様子~

住職がICUから出ることが出来ました♪

 昨日、術後3日目となるお昼頃、面会時間に合わせてICUの入口のインターホンで名前を告げて入ろうとすると、なんと住職は既に一般病棟に移ったと言うではありませんか?!!(@o@)

 「エェー?!!うそー!!術後まだ3日しか経ってないのに・・。」

と、独り言を言いながら半信半疑で病室を覗いてみると・・。いました!!本当に!!一人部屋のベッドの真ん中に、住職はちょこんと座っていました。

 「凄いじゃない!!もうICU出られたなんて!!」と私。

 「いやぁ~ICU混んでたから、一番若くて元気な者が出された・・」と笑って答える住職。

 それにしても、見るからに昨日までと違うのは、身体の至るところについてた管が、ほとんど取れてしまったことです。あとはドレーン(手術の時たまった血液を出す管)と、心電図を見るためのシール(電極)が取れれば、自由な身となれます。声は手術の時管を入れたりして声帯がやられてしまいましたが、これは2週間程で戻るそうです。サラサラの水は飲むと咽せる(むせる)ので、とろみ剤を入れて飲んでいました。

 本日、術後4日目にドレーンが取れました。住職は嬉しくてリハビリの為少し廊下を歩いたようですが、本当はまだまだ安静にしていないといけないらしく、先生に注意されたようです。(^^;)あわてない、あわてない。・・・ですよね。
 そして今日は久しぶりに子供達を連れて行きました。ICUだと、小学生以下の面会は基本的に駄目だったので、二人とも元気そうなお父さんの姿を見て、安心したようでした。

 今、住職が一番辛いことは、咽せたり咳をしたときに、傷口よりその中の心臓そのものが、ものすごーく痛むそうで、言葉に出来ないほど痛いそうです。まだ、手術したばかりだから、仕方ないのでしょうが。
 とにかく早く痛みが取れますように・・・。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示