<< 入院中のこと③ | Home | 入院中のこと⑤ >>
入院中のこと④

入院中で辛かったこと
第2位

 残り2つとなりました、入院中の辛かった事ですが今となっては良い経験をしたと思っています。(本当です
 
 現在、動きたくて、動きたくてしょうがないのですが、少し動くと直ぐに疲れて、胸の辺りがうずきます。まだまだ安静にしていないと身体がついてこないなあ~と痛感しております。

 それでは、入院中で辛かったことを発表します。あくまでも私個人の見解ですので人によっては、違うと思います。


 第2位
は?





 手術です


 私の手術は、だいたい5時間ほどかかりました。全身麻酔をしておりますので手術自体の辛さは無かったのですが、記憶が一切ございません手術が終わってからの2日間は地獄の苦しみでした。(この2日間は何もやる気が起こらなくて、ただ時間が早く過ぎてくれればいいのにと思っておりました。)

 話しには聞いておりましたが、何せ胸が痛い、気持ち悪い、だるいの3拍子そろった辛さでした。(特に手術をした所の痛みは、格別でした。)

 それから、手術中に口からエコーの検査機をいれられていたので、喉を傷つけられ声は出ない、水を飲むと咽せるという症状が1ヶ月以上続きました。(これも辛かった



 手術後は、身体の全ての機能が麻酔によって停止しておりましたので、特に内臓が麻酔から覚めるまでは気持ちが悪くてえづいていました。
 咳をしたり、えづいたり、しゃっくりをしたりすると胸が痛くていつも両腕で胸を押さえていました。(身体の中からの痛み)

 手術後の辛さは、体験しないとなかなか口では説明できないのですが、2度と体験したくない辛さでした。


 本当に辛かったです!!

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示