<< 総代会並びに新年会 | Home | 暖かい1日 >>
久々の松本浄青役員会

現在松本浄青の会長である私が、長期入院をしておりましたので、役員会を全然開いておりませんでした。

 昨日、松本市渚のロイヤルホストで松本浄青の役員会を行いました。

 内容は、今月16日に行われる僧俗合同別時念仏会の打合せ、3月1日発行予定の『月影』第111号の進捗状況、来年度の行事予定等々を話し合いました。

 会議の中で、現在は会員数15名と人数が多いのですが、私が脱会する頃(松本浄青は45才で卒業で、私は今年四十路です。)には入ってくる会員が少なく、出て行く会員が多いことが解っていますので、これからの役員構成、『月影』の発行に各会員の負担が大きくなってきます。そこで「今から何らかの対策をしておかないと、若い会員が大変になってくる。」という意見が出てきました。
会員数を今のように維持していくのは、極めて困難であり解決するには「早くから養子をもらわないといけないなあ~」と本気とも冗談とも受け取れる会話をしておりました。

 ここでも少子化が影響してます。それどころか、お寺の後継者が深刻になってきます。もちろん私の所も女の子2人(11才と8才)なので今から心配しております。

 後、10年も経てば「松本浄青はどうなっているのか?」と少し心配になりました。

 

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示