<< 松本浄青総会 | Home | 今日から彼岸の入り >>
浄土門主決定

平成19年1月25日中村猊下が浄土門主を退任されました。

それに伴い、新しい浄土門主が平成19年3月13日決定されました。

大本山金戒光明寺(京都)現法主 坪井俊英台下が就任されました。 よかったよかった。


浄土宗のホームページを見てね。
http://www.jodo.or.jp/



坪井台下には、私が学生、修練道場時代にお世話になりました。浄土学を教えていただきました。



浄土宗ミニ知識

 ①浄土宗には、総本山(知恩院)1ヶ寺、大本山7ヶ寺あります。

 ②大本山では、住職を台下(だいか)と呼びますが、総本山では猊下(げいか)と呼びます。

 ③知恩院の住職に就任しますと必然的にイコール浄土宗のトップになります。

 ④知恩院の住職は、1寺院の住職であり呼び名は、知恩院門跡(ちおんいんもんぜき)と呼ばれます。

 ⑤浄土宗のトップは、浄土門主(じょうどもんす)と呼ばれます。




今度坪井台下(金戒光明寺住職)は、知恩院門跡と浄土門主という2つの席に就任することになります。就任すると坪井猊下と呼ばれます。


これで浄土宗のトップが決定しましたので、浄土宗の各寺院は4年後の法然上人800年御忌に向けてマッシグラです。




淨心寺も住職が復帰しましたので、4年後にマッシグラ!!

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示